DOD (Disc on Demand) とは?


今までのCD販売のシステムを覆した
「ディスク・オン・デマンド」というシステム

今まではCDの自主制作となると数十万から数百万のコストがかかりました。

CDをプレスに出す高額なコストに加え、CDの在庫を抱えることとなり利益を上げるために、そのCDを売らなければいけません。

このような高額なコスト+自分のCDを自分で売らなければいけないというストレスが原因で、お経CDの自主制作を諦めた僧侶は多いと思います。

しかし、時代は変わりました。

Amazon.co.jpが新たに始めたDOD(Amazon Disc on Demand)という画期的なシステムで、誰しもが低コストで在庫リスクを抱えずにCDデビューすることが可能となりました。

DODとは、音楽レーベル等を通して音声データをAmazonへ入稿しておくと、注文があるたびにCDをAmazonが製造し、発送してくれるというシステムです。

つまりお客様のご注文を受けてからAmazon.co.jp がCDを製造し、出荷するサービスなので、在庫ゼロ・リスクゼロでCDデビューができるということです。

Myorinji RecordsはこのDODの仕組みを利用して、在庫リスクゼロというアーティストの負担がほぼないCDデビューを実現しています。

 

 

CDの価格設定も自由自在

CDの販売希望価格は1000円(税抜)以上から自由に設定ができます。

Amazon等への販売手数料を除いた販売希望価格の約35.7%があなたの収益となります。

 

バルク割引購入が可能

Amazon.co.jpの商品ページからご自身で購入し、インターネットに詳しくない檀信徒に手売りするなど、様々な活用方法があります。

「自分の手でCDを売りたい」という方は、まとめて購入する際に、割引が受けられる「バルク割引購入」ができます。

割引対象は、1セット(20枚)単位の購入から。バルク購入したCDは、お寺での手売り販売などにご活用いただけます。

 

収益のシミュレーション

例)CDの税抜販売価格を2,000円に設定して、20枚を自分で購入し自分で手売りした場合

●割引購入価格:2,000円×85%(15 %OFF)×20枚=34,000円(6,000円の割引)

●販売収益:2,000円×約35.7%×20枚=約14,280円(定価購入時と同額の販売収益)

割引分6,000円+収益分14,280=あなたが受け取る収益:約20,280円

つまりCDの価格を2千円に設定して、自分でAmazonからCDを20枚割引価格で購入。

その20枚を手売りで2,000円で販売した場合は、あなたの利益は約20,280円となるということです。

 

ジャケットや歌詞カードも自由自在

CDのジャケットや歌詞カードのデザインは自由自在です。

ご自身でデザインできる方は、テンプレートをダウンロードしでオリジナルのデザインを投稿してください。

デザイン可能なパーツ
●CD ラベル :1417 X 1417pix
●バックインレイ(中外面) :1820 X 1465pix
●ブックレット(最低4P_表裏) :2925 X 1490pix

デザインはちょっと・・・という方にはプロがデザインを代行するプランも御用意しています。

 

オリコンチャートにも反映

Amazon.co.jpで販売されたCDは、通常のCD販売と同様に扱われるため、オリコンが提供するチャートへも反映されます。

檀家が沢山いるようなお寺や信者を大勢もつお上人など、売り方や宣伝の仕方によっては自分のお経CDがオリコンチャートにランクインする可能性もあります!